おしらせ

サウナの効果的な入り方を紹介します。

D7H5450.jpg
 

サウナの正しい入り方

1.湯船に入る時と同じように掛け湯はマナーです。
  ボディソープで身体の皮脂を洗い流しておいた方が
  発汗効果は高まります

2.身体に付いた水滴を良く拭きとってから
  サウナ室に入ります
  余分な水滴は発汗効果の妨げとなります。

3.サウナ室は、上の段は温度が高く
  下の段は温度が低くなっています
  自分の体調や好みで選びましょう。

4.8~12分間、汗が出るのを楽しみますが
  我慢大会ではないので、体調に合わせ5分位でも構いません。
  ただ、3分程度では汗は出てきません。
  また、マナーとして自分の汗はタオルで拭うようにして下さい。

5.サウナ室から出た後は
  火照った身体を水風呂で冷やしましょう。
体が冷えてしまうほど長く入るのではなく
  1分も入れば充分です。
  


6.休憩したら、またサウナ室に入ります。
  2回目は6~8分で充分です。

以上参考にしてみてください。


 

 2013.02.12